ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

日日草

(9/18)

 肺がん患者の写真があり、健康被害を訴える警告表示が箱に印刷されている。その写真を見ると、警告以上に恐怖さえ覚えてしまう感がある。たばこの話だ

▼先日の本紙に、オーストラリアの禁煙に関した記事が掲載された。豪州は禁煙キャンペーンで世界を主導しているという内容。親の喫煙により障害を負って生まれたという乳児の痛々しい写真もあり、ここまでするのかと思ってしまうほど衝撃的だ

▼豪州は、たばこの箱に健康被害を強調した写真と警告表示を義務付ける「プレーン・パッケージ規制」を2012年12月に世界で初めて導入。こうした警告表示は77カ国・地域でも導入しているという

▼警告表示に加え、たばこの販売価格も喫煙率低下を加速させているようだ。25本入り1箱が約25豪ドル(約2000円)という価格。日本のたばこは20本入り1箱が大体400円台なので、それに比べるとかなり高いと思われるが、20年には何と40豪ドル(約3200円)になるという。職場や飲食店は全面禁煙というから、当地の愛煙家も相当に肩身が狭いことだろう

▼非喫煙者から白眼視されるたばこだが、本県は県北と県南を中心とした全国屈指の葉タバコ産地。一関市東部で100歳を迎えた人の記事を目にすると、多くが葉タバコ栽培に長年取り組んでいた。農家にとって葉タバコは大きな収入源の一つだった

▼たばこの高騰により豪州では弊害も生じている。違法輸入した商品などが売買され、たばこを買えない若者が店に強盗に入ることもあるという。喫煙と禁煙の共存は一層厳しくなる。分煙などの対策を徹底したい。