ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

日日草

(9/20)

 地震、台風、豪雨と頻発する自然災害。土砂崩れや家屋の損壊、停電をはじめ、河川の氾濫、道路や橋の通行止め、鉄路・空路の運休欠航など、程度に差はあっても日常生活に支障を来すことが多い。時には人の命さえも奪ってしまう

▼台風10号が迷走した揚げ句、本県に太平洋側から初上陸。襲来に備えて各市町村が危険の切迫度に応じた避難情報を発令して厳戒態勢を敷いたが、岩泉町や久慈市などで大きな被害が出た

▼内陸部でも各地に避難所が開設され、取材先では「一人で家に居るのは不安」「自分たちだけでは夜が怖い」といった高齢者を中心に住民10人ほどが避難。和室で横になったり、台風情報を伝えるテレビを見たりして過ごしていた

▼70代前半の夫婦は「自宅が古く、強風に耐えられるか心配だった」という。実はこの夫婦。3年前に紫波町付近を車で走行中、局地的な大雨に遭遇。見る見る水かさが増す光景を目の当たりにして自然の恐ろしさを身をもって感じた経験があり、それが今回の早めの避難行動につながったようだ

▼奥州市水沢区では、6月に突風によって物置小屋が横転するなどの被害が出て後日、竜巻が原因と発表された。台風9号が通過した8月下旬には同市胆沢区内で「竜巻の可能性」がある突風被害があった

▼台風16号が西日本から太平洋側に沿って東に進む進路予報が出ている。台風は突発的に発生する竜巻と違ってある程度は準備が可能で、早めの対策が重要だ。「災害は忘れないうちにやってくる」。近年の警句を肝に銘じ、くれぐれも警戒を怠ることのないように心掛けたい。