ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

日日草

(10/3)

 北上特産の二子さといもをメインとした「二子の里・いものこまつり」が北上市で開かれ、大勢の市民が芋の子汁に舌鼓を打ち、秋の味を満喫した

▼同じ北上市で、桜の名所展勝地近くにある市立博物館がリニューアルオープンした。市役所和賀庁舎内に博物館の分館も開館し、北上の歴史と自然を紹介している

▼市立博物館は、本県内陸部初の総合博物館として1973年に開館。老朽化のため大規模改修工事が行われた。国指定史跡の国見山廃寺跡、樺山遺跡と八天遺跡、江釣子古墳群、和賀氏とその時代、南部と伊達の藩境のまち、北上川の舟運で栄えた当時の様子を伝える黒沢尻川岸と六つのテーマ別に史料が展示されている

▼来館者からは「物語のように見せる工夫がされている」という感想も。北上川でコメを運んだひらた舟を再現した6分の1サイズの模型などがあり、「見て終わり」というよりも学びやすい要素が多く取り入れられた

▼分館には、旧石器時代から近現代までの北上の通史と暮らしのほか、動物の剥製や化石、昆虫の標本などを展示して北上の自然が学べるコーナーがある。郷土にゆかりのある先人50人の偉業も紹介。本館と分館のどちらかを見ても多くのことは学べるが、双方を見学することでより北上を知ることができる

▼両館は東西に約15キロ離れているが、移動中は北上の自然と街並みが見られ、それもまた勉強になる。本館と利根山光人記念美術館、鬼の館の市内3施設の共通観覧券も発行。国体開催に伴い今月26日まで3館の入館料は無料だ。文化の秋、施設巡りをしてはどうだろう。