ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

日日草

(10/22)

 第16回全国障害者スポーツ大会である「希望郷いわて大会」のスローガンは、岩手国体と同じ「広げよう 感動。伝えよう 感謝。」だ。国体に続き、多くの来県者に東日本大震災の復旧・復興支援に感謝を伝えたいとの思いが強く込められている

▼岩手国体の興奮が冷めやらないが、次なるスポーツの祭典・希望郷いわて大会が3日間開催される。全国から障害者アスリートが岩手に集い13正式競技、4オープン競技で力の限りを尽くす

▼主な競技種目は陸上や水泳、車椅子バスケットボール、グランドソフトボール、フライングディスクなどだ。本県の選手たちも開幕前に「練習した成果を出し切る」「優勝を目指す」「見る人に感動を与えたい」などと活躍を誓い、前を向く。同時に全国から訪れる選手らと「交流を深め、震災への感謝を伝えたい」とも語る

▼開会式では、皇太子さまをお迎えする中、北上鬼剣舞や盛岡さんさ踊りなどの歓迎演技を披露する予定。9月にブラジルで開催されたパラリンピック・リオデジャネイロ大会に出場し、陸上男子砲丸投げで7位入賞を果たした洋野町の大井利江選手が本県選手団の主将を務める

▼花巻市や奥州市、一関市など8市町の競技会場で、躍動する選手たちのプレーが繰り広げられる。その主役をもり立てようと県民ボランティアや応援隊員が心を一つにして歓迎、感謝を示す

▼本県初の大会で、各競技には選手団約5500人が参加する見込み。障害を克服し、限界に挑む選手たち。その活躍をたたえる惜しみない拍手や声援が、大会の成功を導くに違いない。