ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

日日草

(11/4)

 多くの子供はカレー好き。母親が市販のルーで作ると「お母さんのカレーはおいしい」と笑顔があふれる。それは愛情というスパイスがたっぷり入っているからか。母の作ったカレーの味は、大人になっても忘れ難い

▼そんなカレーをベースにしたB級グルメのオリジナル料理が北上市和賀町岩崎に誕生した。名付けて「岩崎だんご汁」。地域名を冠したメニューで地域活性化につなげようと、岩崎地区自治振興協議会が取り組んだ

▼カレースープに牛すじ煮込みと団子、カボチャ、ブロッコリー、ジャガイモなどの地元農産物をできるだけ使用。7種類の具材に加え、リンゴとタマネギをペースト状に炒めて隠し味にした。牛すじは3時間ほど煮込んだというから、なかなか凝っていて本格的だ

▼カレーをベースにしたのは、子供にも親しめるようにとの配慮からなそうだ。岩崎だんご汁は、10月に同市の夏油高原スキー場で開かれた夏油高原紅葉まつりでデビュー。「スープと団子、肉の組み合わせが意外にマッチしておいしい」などの反応があった

▼同協議会は地域イベントにも出店して提供するほか、飲食店などにも広げたいと夢を描く。地域で生まれた味が全国に広がるケースは少なくないので、期待も高まる

▼岩崎だんご汁には二つのキャッチコピーがある。「孫7人」は本紙に掲載されたので、もう一つを紹介する。「彼のハート ぎゅっと ゲット」なそうで「カレーのハート 牛っと 夏油」というイメージをもじり作ったというからコピーセンスも光る。味とともに、こちらもうまく仕上がった。