ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

日日草

(11/19)

 国税局査察部の「マルサ」、暴力団や暴力団担当刑事を指す「マル暴」なら映画やテレビでもおなじみだが、「かとく」という言葉はまだあまりなじみがない。違法な長時間労働への監督指導強化のため厚生労働省が設置した専門チームの通称で、「過重労働撲滅特別対策班」が正式名という

▼電通の女性新入社員が昨年12月に過労自殺した問題を受け、東京労働局のかとくなどは労働基準法違反容疑で電通本社と関西などの3支社を家宅捜索した。任意の立ち入り調査から強制捜査に切り替え、容疑が固まれば同社などを書類送検する方針という

▼自殺した女性は労使協定で定めた上限の70時間を大幅に超える残業が続いていた。上司からはパワハラ的な叱責があり、ツイッターには「本気で死んでしまいたい」などの書き込みが頻繁にあったという。違法な長時間労働は常態化し、残業隠しの疑いも出ている

▼岩手労働局によると、2015年度に監督指導を行った152事業場のうち違法な時間外労働があった事業場は半数以上の85場に上り、賃金不払い残業があったのは29場。85場で時間外・休日労働が最長だった人を確認したところ34場で月100時間を超え、200時間を超過した事業場も3場あった

▼11月は「過労死等防止啓発月間」。同局はシンポジウムの開催などのほか、長時間労働の疑いがある事業場への監督指導なども実施し、過重労働解消や過労死防止を推進する

▼国を挙げての働き方改革。いきおい「かとく」の活躍にも注目が集まるが、本来はやはり活躍の機会が少ない職場や社会をつくることが大事だろう。