ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

日日草

(11/25)

 津波がまた東北、北関東の太平洋沿岸に押し寄せた。あの東日本大震災を思い起こした人も多かったに違いない。できれば忘れたい光景ではあるが、それから逃げていてはいけないのだろう

▼22日に福島県沖を震源にマグニチュード7・4、最大震度5弱の地震で津波が発生した。宮城県仙台港で1メートル40センチ、福島県相馬で90センチ、本県の久慈港で80センチなど広範囲で津波を観測した。全国で6000人以上が避難したという

▼本県では沿岸12市町村の1万8751世帯に避難指示・勧告が出され、927人が高台などへ避難した。人的被害はなかったが、改めて津波の怖さを痛感した。当初、気象庁は宮城県に対して津波注意報を発したが、警報に切り替える事態もあった

▼この地震で、東京電力の福島第2原発3号機では使用済み燃料を保管するプールの冷却浄化系が自動停止し、運転再開に1時間37分を要した。5年前の原発事故による放射能汚染を思い出した人も少なくなかったようだ。福島県内の避難指示解除が徐々に進んできた中、戻った住民らが再び不安を抱いた。引き続き原発施設の安全管理を徹底していかなければいけないだろう

▼震災後に同県から横浜市に避難した男子生徒が転校先でいじめを受けていた問題も、原発事故が深く関わる。公表された男子の手記に「ばいきんあつかいされて、ほうしゃのうだとおもって いつもつらかった」とつづられてあった

▼「しんさいでいっぱい死んだからつらいけどぼくはいきるときめた」とも。いじめを機に男子の不登校が続いているが、学校側の対応の遅れが悔やまれる。