ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

日日草

(12/14)

 ウインタースポーツシーズンが到来した。北上市の夏油高原スキー場や八幡平市の安比高原スキー場がオープン。夏油高原スキー場の営業初日には県内外からスキー客らが訪れ、待望の初滑りを満喫した

▼県内の各スキー場はこれから次々とオープンを予定している。市街地での大雪は雪かきの重労働で閉口するが、スキー場にとっては歓迎。今冬は雪不足に悩まされないことを期待したい

▼夏油高原スキー場は3日のオープン予定だったが、雪不足から5日遅れで営業を開始した。一部コースが滑走可能で、17日からは全コースが開放されるという。豊富な降雪量を誇る同スキー場だけに、雪不足の心配はまずないだろう

▼雪質の良さとPR効果もあり、昨シーズンの同スキー場の入り込みは11万720人と、前年を4万人近く上回った。全国的に暖冬少雪の中で、目標だった10万人を突破した。中でも県外からのスキー客が好調だった

▼さらに注目されるのが外国人客の増加。米国、カナダ、オーストラリアを中心に3300人余りが訪れ、前年の倍となった。年間を通じた観光客入り込みは地域経済にとってもプラスになる。同スキー場関係者は今シーズンを「インバウンド元年」とし、一層の外国人集客を目指す

▼25年ほど前、あるスキー場で見掛けたスキーヤーの格好がすごかった。両手はスキー用のグローブではなく軍手姿。テレビドラマのせりふを借りれば「私、転倒しないので」といった感じ。さっそうとゲレンデを滑降して行ったのが印象深かった。離れて久しいスキーだが、今冬こそ年相応の滑りを楽しもうか。