ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

日日草

(12/20)

 寒さが身に染みる季節を迎えた。どちらかといえば酒精が苦手な体質ながら、この季節だけは日本酒が恋しくなる

▼日本人の主食・米を原材料に、いにしえより伝わる。神事や祭り事に際し、安全や成功を願い神様に供えるお神酒は特に神聖な存在でもある。酒造りは、新米を収穫する時期に始まることから、10月1日を「日本酒の日」とし、酒造りの元旦に位置付けられている

▼人生において、お神酒をいただく機会は数多い。神様の霊力を体内に取り込む神聖な儀式で、初宮参りや七五三、結婚式、地鎮祭など人生の節目において重要な役割を担い、大半は「乾杯」の発声でお神酒を口にすることになる

▼「乾杯」の風習は、一般的な酒席にも定着している。酒文化研究会(東京都)調査(成人1000人対象)によると、「日本酒で乾杯したいとき」のトップは「元旦」で、2位「新年会」、3位が「日本酒の日」だった。また10位に「仕事始め」が入り「正月は日本酒で乾杯を」とする生活文化が垣間見える

▼このほかでは、4位が「お花見」、5位「忘年会」、6位「誕生日」、7位「お月見」、8位「仕事納め」、9位「歓送迎会」の順となった。一年を通じ、季節や祭事などに合わせ日本酒は欠くことのできない存在である。一方で、日本酒がよく売れる日は「父の日」だという

▼日本酒で乾杯といえば、杯やぐい飲みが定番ながら、近年は「ワイングラスでおしゃれに」という人たちが増えているという。アルコール度数を抑え、女性にも飲みやすい日本酒が話題を集める中、飲み過ぎにだけは注意したいものだ。