ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

日日草

(1/11)

 この年末年始、インターネットの囲碁サイトに謎の最強棋士が現れ、世界のトップ棋士らと対戦して無敵を誇った。その棋士の正体が人工知能(AI)だったという

▼何やらミステリーじみた話だが、それで思い出したのが少年誌の漫画「ヒカルの碁」だ。主人公のヒカルという少年にしか見えない囲碁の達人の亡霊が現代によみがえり、ヒカルの手を借りてプロ棋士らと対戦し負けなし。ネットにも一時参戦し、連戦連勝で世界の碁打ちを驚かせるストーリーだった

▼囲碁界でも愛読された漫画だが、14年前に最終話を迎えた。今回のAIによるネット参戦はその漫画の展開と似ており、まねたのかもしれない。ただ、漫画はあくまでフィクションだが、AIは実際の出来事である。判明した正体は、昨年韓国のトップ棋士を破った囲碁AI「アルファ碁」の進化版だという。この相手ではまず誰も勝てない

▼漫画では神の一手を追究する若い棋士たちの対局や当時普及し始めたネット碁のことを描いてはいても、AIは脅威ではなかった。しかし、その後の進化は目覚ましく、もはやトップ棋士さえAIとの対局で歯が立たなくなった

▼認めたくない現実ではあるが、人間の頭脳レベルではAIに遠く及ばない近未来を予感させる。浅学非才の悲しさもあって、そんな世界が人類に幸福をもたらすとは到底思えない

▼平和利用できる半面、壊滅兵器にも使えるAIはもろ刃の剣だ。「アルファ碁」の進化版ですら、10年後は普及版以下になっているかも。全知全能のようなAIが、人間を小ばかにする時代が来ないことを祈る。