ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年2月
« 1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 
コラム 記者ワープロ

日日草

(2/11)

 映画「男はつらいよ」の主人公であるフーテンの寅こと車寅次郎はいつも騒動を起こし、親族にとっては困った男だが、シリーズ後半では物分かりの良い伯父の面も見せた。恋愛経験が豊富なため、恋に悩むおいの満男には頼りになる存在であった

▼身内を気遣う人情は、時代に関係なくあり続けてほしいものだ。一方、親族間の信頼関係を壊す原因は金銭トラブルが多い。6年前の東日本大震災による震災孤児、震災遺児は本県を含め約2000人に上った。両親を亡くした孤児は、児童相談所を通じて里親や親族の元で暮らしている

▼両親の死亡共済金や震災義援金が支給されたほか、本県では就学を支援する「いわての学び希望基金」も設けられた。孤児となったおいの未成年後見人であった宮城県内の叔父が、財産管理中に約6800万円を着服したとして業務上横領罪などに問われ、仙台地裁から懲役6年を言い渡される判決が先日あった

▼この叔父はおいの将来のために管理すべき資金を、高級車の購入などに充てていたという。叔父は「自分のために使えると思った」と無罪を主張していた

▼こんな出来事を知ると、暗い気分になる。昨年11月には、伯母がおいの心臓移植が必要だとして、募金を呼び掛ける記者会見を東京で開いた。一部のメディアが報道したが、すぐに虚偽と分かり、訂正した。伯母には借金があり、金銭目当ての会見だったようだ

▼寅さんの場合、いつも金欠のため、おいに大盤振る舞いは思うようにできない。そのことはおいもよく分かっている。金銭トラブルはどんな間柄でも悲劇でしかない。