ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

日日草

(2/17)

 日本人の道徳観を世界に広めた新渡戸稲造の名著「武士道」を、テレビ番組の制作という視点から捉えた対談を聞いた。いわゆる大家といわれる方々の論述とは違ったアプローチがさえ、今さらながら興味をそそられた

▼対談したのは岩手めんこいテレビで新渡戸のドキュメンタリー番組を制作する工藤哲人さんと出演者で女優の松本莉緒さん。「フィンランドで見つけたBUSHIDO」のロケ地をたどりながら、国際人として多くの功績を残した新渡戸へのオマージュを熱く語った

▼ともすればちょっと退屈なのが新渡戸論だが、バルト海に位置するオーランド諸島の領土問題を解決した「新渡戸裁定」の逸話や、国立図書館に宮沢賢治の「注文の多い料理店」の初版本が蔵書してあったことなど、現場取材が紡ぎだすエピソードにみるみる引き込まれた

▼武士とは“もののあわれ”を知るもの。義を重んじ恥を知るのが武士道―。語り尽くされた解釈ではあるが、その「武士道」でいう「我(わ)が道」と賢治の「農民芸術概論」でいう「求道」に共通の理念を見い出した推論も、含蓄のある新たな発見だった

▼新渡戸の「武士道」が現代に語り掛けてくるものは何か。2人は「これがというものはない。自分が正しいと思った道があるとすれば、それを貫くことが武士道ではないか」と締めくくった

▼万物流転。風にも道があるように、人それぞれに信じる道がある。その歩みを支えるものとして「武士道」の精神があるのではないかと悟った。「自分なりの心の武士道を見つけてほしい」。参加者に向けられた最後の言葉が心に響いた。