ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

日日草

(3/10)

 才子、才に倒れる―。過信から生じた思わぬほころびが、自らの人生を台無しにすることもある

▼高齢者ドライバーによる交通事故の増加も、その一つと思われてならない。若かりし頃には、誰しもが社会の第一線で活躍。大半の人たちは学生時代に自動車運転免許を取得し、仕事や遊び、生活の足として自在に車を運転していたに違いない

▼警視庁が2016年11月に公表した交通事故統計によると、65歳以上のドライバーは過去10年の間に約730万人増えて1710万人に達したという。国内の自動車免許保有者全体の20・8%に上り、今後も増加傾向が続くとみられている

▼一方で、高齢ドライバーによる交通事故が急激に増加している現実もある。誰しも、年齢を重ねるごとに反射神経や体力の衰えは避けられないが、車の運転を日常の生活習慣とする中で「自分だけは大丈夫」との思いが過信を招き、予期せぬ事態へと結び付く

▼最近、特に目立つのがアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故。前進、後退の微妙な操作は年齢に関係なく誰しもが難題とするところで、メーカーによる支援システムも生まれている。事態を重視した国土交通省は、20年までに国内メーカーが販売する新車(乗用車)に自動ブレーキ装置の設置を求めていく方針だ

▼急発進による飛び出しや人との衝突を事前に回避する先進的な技術だが、機械(電子装置)はいずれ故障し壊れるものと理解することも必要であり過信は禁物だ。最終的には人による操作が重要視され、ハンドルを握る人全てが自らの才能に磨きを掛ける努力こそが大切だ。