ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

日日草

(3/28)

 いつの時代も買い物は楽しいらしい。実際、買い物を趣味に挙げる女性は多く、ウインドーに陳列されている商品を見て回るだけでも楽しく、季節や華やかさが感じられるようだ

▼ところが、近所に商店がなかったり、歩くのが困難だったりして、買い物に不便を感じている人も高齢者を中心に目立っているという。いわゆる「買い物弱者」と呼ばれる人たちだ。2016年の内閣府の調査によると、買い物に不便を感じる高齢者は全国で700万人に上った

▼かつては500メートル圏内に生鮮食料品店があれば、一応は困らないとされていた。しかし、体力が低下する高齢者は行動範囲が狭まり、買い物を楽しめないどころか、日々の暮らしや健康面への影響も懸念される

▼近所にお店のない農村部で、手軽に買い物を楽しんでもらおうという催しが今年も一関市川崎町で始まった。野菜の生産販売などを行うかさい農産の女性スタッフが中心となり、定期的に開く「かさいくんちのふれあい館」だ

▼自社商品や野菜などを販売するが、「みんなで集まったり、近所に買い物できる所が欲しい」との高齢者の声をヒントに菓子なども並べ、買い物を楽しめるようにした。これが評判となり、欠かさず足を運ぶ「常連さん」も多い

▼初回は待ちわびた女性たちが集まり、振る舞いの「三色団子」を味わい、菓子や野菜、彼岸用の花を買い込む姿が見られた。みんな笑顔で、若やいだ声が響いた。近所の女性(78)は「みんなとおしゃべりして買い物するのが楽しい」と笑顔。買い物は仲間づくりとストレスの解消にもつながるようだ。