ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

日日草

(5/9)

 好天で雪解けが進み、山々を縫う道路などの除雪作業も終盤だ。冬季閉鎖されていた秋田県とのルートも次々と通行止めが解除になり、大型連休には温泉地などの人気スポットがにぎわった

▼とはいえ、残雪が多い高山は油断禁物。3月に栃木県那須町の国有林で、登山講習中だった高校生と教諭の計8人が雪崩に巻き込まれて死亡した。悪天候のため予定していた登山を中止し、雪をかき分けて進むラッセル訓練に変更し、悲惨な事故となった

▼これを教訓にして、全国の高校登山部などは予防策に努めているという。「安全第一」は言うまでもないが、全く危険を伴わない山を見つける方が難しい。栗駒山を走る国道342号は冬季閉鎖を解除後、雪崩が発生して一時通行止めとなった

▼この時期になると、苦い取材経験を思い出す。30年以上前だが、開通に向けた除雪車の活躍を記事にしようと1人で高山に向かった。今でこそセレモニーなどを通して主要道路の除雪開始を告げる所も少なくないが、当時は人知れず山中での作業だった

▼除雪車が通過した跡をたどり、上り下りの雪道を歩き続けた。やっと除雪車を見つけ、カメラに収めた時は汗だくになっていた。戻りは吹雪に遭い、凍えながら何とか止めてあった車までたどり着いた。振り返って、服装の不備や軽率な行動を猛省するばかりだ

▼「山笑う」は春の季語だが、春山は豹変(ひょうへん)しやすい。これから山開きのシーズンを迎えるが、雪崩だけでなく濃霧や暴風雨などで絶えず表情を変える。山頂を目指す場合も、危険を見極め過信しない判断が大事であろう。