ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

日日草

(6/7)

 白い砂浜と青い松-。四方を海に囲まれた日本にとって、文字通り美しい海岸線を代表する光景だろう。内陸部で育ったため、子供の頃から年に1、2度、家族と訪れる海に特別な憧れがあった

▼「白砂青松」と聞いて思い浮かぶのは、2キロにわたって松並木が続く陸前高田市の高田松原。かんかん照りの中での海水浴では、暑さを避けてシートを広げた松林の木陰は涼しく、吹き抜ける風が気持ちよかった

▼国の名勝、国立公園にも指定された景勝地だが、東日本大震災の津波で7万本といわれる松が流失。その中で唯一残った「奇跡の一本松」は記憶に新しく、その後のドラマやプロジェクトは全国的な注目を集めた

▼一関市の元教員は震災前、高田松原を散歩した際に1個の松ぼっくりを拾っていた。趣味は盆栽。松ぼっくりから種を取り、自宅の畑で苗を育てている。その後、震災で松が流失したことに大変なショックを受けた

▼震災を機に各地で被災地の支援活動が始まった。同市藤沢町の徳田地区も直後から救援物資を届け、町内に避難した被災者の支援にも乗り出した。地区の田んぼを徳田ふれあい絆水田「がんばっ田」と名付け、被災者を招いて田植えや稲刈りを行い、交流を深めている

▼同地区で先日、2本のクロマツの植樹が行われた。被災者の支援を知り、元教員が提供を申し出たあの松だ。まだ高さが2メートルほどの苗木だが、高田松原の松に由来するだけに住民の期待は大きい。同じ場所で陸前高田市の寺と縁のあるオオシマザクラも育っている。松と桜が沿岸部との交流のシンボルとなることを願いたい。