ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

揺らぎ伝わる港の風景 花巻

(9/9)

金野さん(一関市出身)、作品一堂に

水面の揺らぎが伝わる港の風景などの作品が紹介されている金野圭助展

水面の揺らぎが伝わる港の風景などの作品が紹介されている金野圭助展

 花巻市東和町の萬鉄五郎記念美術館「八丁土蔵ギャラリー」で、「金野圭助展-水面(みなも)の詩(うた)-」が開かれ、港の風景などを描いた作品が紹介されている。

 金野さん(82)は一関市大東町生まれ。摺沢高(現大東高)時代に白石隆一、中央大時代には猪熊弦一郎の指導を受け、全日本学生油絵コンクールに入選などしたが、就職と同時に制作活動を中止。退職後、40余年ぶりに創作を再開。70歳で「一水会」、78歳で「日展」にともに初出品で入選した。神奈川県在住。

 作品を一堂に発表するのは今回が初で、100号の大作を中心に小品を合わせて24点を展示している。横浜の港の風景をモチーフにした作品が多く、停泊している船や揺らぐ水面を表現。このほか、小岩井農場や盛岡市のれんが造りの建物を描いた作品などが公開されている。

 同館の中村光紀館長は「技術に優れ、特に水面の揺らぎの表現がうまい。水面に建物が映っている作品は奥行きが感じられる。あまり知られていない作家なので、ぜひ多くの人たちに鑑賞してほしい」と話している。

 同展は25日まで。入場無料。時間は午前9時~午後4時30分。月曜日休館(祝日の場合は翌日)。

 問い合わせは同館=0198(42)4402=へ。