ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

県内初、産後ケア施設 助産師ら運営「まんまるぽっと」

(9/27)
産前産後ケアハウス「まんまるぽっと」の始動に向けて相談するスタッフら

産前産後ケアハウス「まんまるぽっと」の始動に向けて相談するスタッフら

花巻に来月開所へ

 【花巻】産前産後の女性の心身の疲れを癒やす場として、「産前産後ケアハウスまんまるぽっと」が花巻市に開所する。10月から母子のためのデイサービスを開始し、助産師らが育児相談などに対応する。県内初となる産後ケア施設で、スタッフは「困ったとき、疲れたときなどに気軽に使ってほしい」と利用を呼び掛けている。

 施設を運営するのは、まんまるママいわて(佐藤美代子代表)。県内各地でサロンを開催する中で、育児の知識が十分でなかったり、産後の心身の変化に戸惑ったりするケースを見聞きしたことから産後ケアの必要性を感じ、県外施設の視察などを経て開設に至った。初年度は独立行政法人福祉医療機構の社会福祉振興助成を受ける。

 施設名の「まんまるぽっと」は、疲れや不安、緊張で空になったママの“心のポット”を満たしてほしいとの願いから付けた。佐藤代表(38)が「いずみ助産院」として使っていた同市大谷地の自宅を兼ねた建物を使い、スタッフは助産師2人、保健師1人、食事担当2人、事務1人の6人体制。完全予約制で当面は月、水、金曜の週3回、1日3人まで受け入れる。

 利用対象は、産後の女性と赤ちゃん、つわりや切迫流早産などで日中安静にしている必要がある妊婦など。デイサービスは午前9時~午後4時で、母乳ケアや育児相談、沐浴(もくよく)、母親の入浴、アロマトリートメント、赤ちゃんの体重測定などを行うほか、野菜中心のお弁当ランチとおやつを提供する。利用料は1回7000円。午前または午後のみ3時間の利用もできる。

 デイサービス以外では乳房ケアや骨盤ケアなどの相談に応じ、妊娠中の夫婦を対象にした両親学級、赤ちゃんがいる家族向けの沐浴指導などのメニューも用意している。

 来月の開所を前に、施設の改装や備品購入などの準備を進めており、サービス内容を紹介するチラシは計5000枚作製。中部地域の病院や保健センターなどに配布し、周知を図っている。

 事前に行った調査では「産んでみて大変さが分かった」という声も多く、サービス提供を始めることで潜在的なニーズを掘り起こす狙いもある。佐藤代表は「赤ちゃんを預けてお風呂に入ったり、ゆっくりご飯を食べたりと、実家にいるような安心感で過ごしてもらえれば」と期待し、「体制を整え、ゆくゆくは宿泊が可能な施設を目指していきたい」と話している。

 問い合わせは、まんまるぽっと=090(2981)1135=へ。