ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

平板測量で全国へ 花巻農高3年生チーム

(10/19)
第67回日本学校農業クラブ全国大会の平板測量競技会に本県代表として出場する3年生チーム(前列)。1年生チームと2年生チーム(後列)も県、東北大会で活躍した

第67回日本学校農業クラブ全国大会の平板測量競技会に本県代表として出場する3年生チーム(前列)。1年生チームと2年生チーム(後列)も県、東北大会で活躍した

2年生は東北大会V

 【花巻】県立花巻農業高校(軍司悟校長、生徒353人)の1~3年生チーム9人が、平板測量競技会の県大会、東北大会で活躍。県大会で最優秀賞に輝いた3年生チームの3人は第67回日本学校農業クラブ全国大会(26日、大阪府)の出場に向け、全国の舞台でも実力を発揮しようと意気込んでいる。

 3年生チームは、川辺達之君、瀬川亮太君、小原凌平君。県大会では、川辺君が求心マン、瀬川君がポールマン、小原君が器械士を担当し、制限時間内に平板測器を使用した境界線測量と三斜法・三辺法による面積計算を行い、作業の速度と正確性を競った。

 日頃は週3回、大会1カ月前からは日曜日を含め、ほぼ毎日練習に励んだ。その結果、県最優秀賞チームにだけ与えられる全国切符を獲得した。

 全国大会での目標は最優秀賞。小原君は一昨年度、瀬川君は昨年度の全国大会に3年生チームの補欠メンバーとして同行した経験があるため、雰囲気は体感済み。測量の面白さについて「終わった後の達成感がいい」と声をそろえる3人の息はぴったりで、特に1年生の時から大会に参加し続けてきた小原君は「細かいミスをなくして満点を取りたい」と張り切る。

 県、東北大会には3年生チームのほか、2年生チームの高橋明人君、大松翔君、田鎖拳雄君と、1年生チームの中村飛鳥君、八木大斗君、佐々木楓君も出場。2年生チームは県大会で優秀賞となり、強化合宿を経て臨んだ東北大会では3年生チームを上回る成績で同校にとって4年連続となる最優秀賞を勝ち取った。

 高橋君は「県大会では2次作業でタイムロスし、3次作業でも誤差が大きく出て、目標の最優秀賞に届かなかった」と振り返り、雪辱を期した。

 1~3年生3チームを県、東北大会に引率した同校環境科学科の横田研一教諭は「実力があって面倒見の良い3年生に1、2年生がよくついていった。3年生は全国大会でも今まで通りやれば大丈夫。1、2年生は来年につながる結果を残してくれた」と語り、さらなる成長に期待している。