ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

富士大「日本一目指す」 明治神宮野球出場

(11/5)
阪神からドラフト2位指名を受けた富士大の小野投手(左)。上田市長にサインボールを手渡して明治神宮大会での健闘を誓った

阪神からドラフト2位指名を受けた富士大の小野投手(左)。上田市長にサインボールを手渡して明治神宮大会での健闘を誓った

市長に抱負、小野投手も

 【花巻】第47回明治神宮野球大会に出場する富士大(2年ぶり3度目)の選手、関係者が4日、花巻市の上田東一市長を表敬訪問し、「日本一を目指す」と健闘を誓った。阪神からドラフト2位指名を受けた小野泰己投手(折尾愛真高、4年)も同席し、併せて指名を報告。プロの試金石となる最後の公式戦に向けて決意を示した。

 富士大は、北東北大秋季リーグ戦で6季連続29回目の優勝を飾り、明治神宮大会東北代表決定戦を制して本大会出場を決めた。

 同日は、青木繁理事長、豊田圭史監督、小野投手ら6人が市役所を訪れ、上田市長に明治神宮大会への出場と、原動力となった小野投手のドラフト指名を報告した。

 豊田監督は「東北の大学野球のレベルが上がる中で6連覇を果たし、神宮切符をつかんだ。戦力的にも充実しており、やるからには日本一を目指して戦いたい」と意気込みを語った。

 上田市長は「全国の強豪との対戦となるが、富士大、花巻、小野君の名前をしっかりと焼き付けるような活躍に期待しています」とエールを送った。

 小野投手は「阪神タイガース 小野泰己」と記したサインボールを上田市長に贈り、「大学最後の公式戦。神宮では、ドラフトにかかった他の選手たちに負けたくない。阪神のファンにも『これが小野』という投球を見せたい」とベストパフォーマンスを誓った。

 小野投手は184センチ、76キロ。最速152キロのストレートと高速のフォークが武器。大学通算22試合12勝1敗。防御率は0・85。秋のシーズンは40イニングに登板して49三振を奪った。

 明治神宮大会は東京・神宮球場で11日開幕。大学の部には各地区の代表決定戦を勝ち抜いた11校が出場し、富士大は初日の1回戦で上武大(関東5連盟第2代表)と対戦する。