ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

新庁舎で業務開始 花巻職安 24日には労基署も移転

(11/15)
花巻合同庁舎1階に移転した花巻公共職業安定所。これまでより相談窓口を増やして業務に対応している

花巻合同庁舎1階に移転した花巻公共職業安定所。これまでより相談窓口を増やして業務に対応している

 花巻公共職業安定所(四役富雄所長)は14日、花巻市材木町の旧庁舎から同市城内の花巻合同庁舎(旧花巻法務総合庁舎)に移転し、新庁舎での業務を開始した。2010年5月まで盛岡地方法務局花巻支局が入居していた鉄筋コンクリート3階建ての建物で、1階に同職安、2階には花巻労働基準監督署(髙橋友行署長)が24日に同市西大通りから移転する。岩手労働局の出先機関が同居することで、職員の連携、利用者の利便性も高まると期待されている。

 花巻職安、花巻労基署の庁舎は、ともに築40年以上が経過して老朽化が進み、耐震性などの問題もあって今回の移転となった。

 移転先の花巻合同庁舎の床面積は1階が約450平方メートル、2階が約390平方メートル。事務スペースは旧庁舎と大きく変わらないが、2階に会議などで使用できる共有スペースがあり、有用性が増している。両フロアとも移転に向けた改修を行い、準備を進めてきた。3階は盛岡地方検察庁花巻支部が使用している。

 駐車場は、敷地内のほかに、道路を挟んだ庁舎向かい側に33台収容の第2駐車場がある。繁忙期には周辺に別途駐車場を確保するとしている。

 花巻職安は、移転に当たって相談窓口を増やし、初日から従来通りのサービスで業務を行った。事前周知が行き届いていたこともあって利用者に混乱はなかった。

 四役所長は「市役所など他の公官庁にも近く、立地上の利便性が高まった。同じ庁舎に、業務的につながりのある労基署も入るので、必要があればワンストップでサービスが行える」と移転の効果を強調していた。