ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

成功へキッズが“活躍” 劇団よぐまんづ東和町・あすから公演

(11/18)
定期公演の成功を目指し、本番の舞台でダンスシーンを練習する子供たち

定期公演の成功を目指し、本番の舞台でダンスシーンを練習する子供たち

 花巻市東和町を拠点に活動する劇団よぐまんづ東和町(晴山准子代表)の第18回定期公演は19、20の両日、同町安俵の東和総合福祉センターで行われる。子供たちをはじめキャストらは公演成功を目指し、熱のこもった舞台稽古に汗を流している。

 同劇団は、芝居好きが集まり2003年に旗揚げ。地域文化の方言を大切にしながら、福祉施設訪問や地域イベント参加のほか、定期公演を毎年開催している。

 今回の上演作品は「躍る!ごうとうだん」(多田悦子作・演出)。限界集落の危機を迎えていた村が、起死回生の打開策として60~70代の女性4人のアイドルグループ「躍る!ごうとうだん」をつくり、都会に奪われた人や金、誇りの奪還を目指すが、ある問題によってデビューを断念。3年後、子供たちで結成した「あらかたキッズギャング」が、「地方が元気にならないと、日本は駄目になる」と訴えデビューを目指す物語。

 キャストは約30人で、このうち「村の子供」を務めるのが3歳の園児から小中学生までの11人。15日夜からは同センターで舞台稽古が始まり、本番に向けせりふや立ち位置の確認のほか、終盤のダンスシーンの練習に励んでいる。

 初めて出演する中島紗弥さん(東和小学校1年)は「友達と一緒に練習するのが楽しい。クラスのみんなが(公演を)見に来るので、頑張っている姿を見てもらいたい」と意気込みを見せた。

 晴山代表は「子供たちは張り切って練習している。大人のダンスも見どころ。みんなが元気になれる作品」と多くの来場を呼び掛けている。

 公演は19日午後6時30分からと20日午後2時からの2回。入場無料。