ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

「地域貢献できる大人に」 花巻

(11/21)
高校生がイーハトーブまち塾の成果を紹介した発表会

高校生がイーハトーブまち塾の成果を紹介した発表会

イーハトーブまち塾発表会
高校生が成果や感想

 若者の力で花巻を盛り上げる団体「HANALLE↓(ハナレヤ)」(内田祐貴代表)が企画した「イーハトーブまち塾」の2016年度成果発表会が20日、花巻市花城町のまなび学園で開かれた。地域づくりに携わる高校生を育てるため初めて企画。自らのアイデアによる実践などに取り組んできた高校生が、半年間にわたる活動を振り返った。

 同塾は「町が学校になる」をコンセプトに、地域住民や大学生、高校生が一体となり、地域活性化に取り組む教育プログラム。同市内を中心にした高校生5人がメインとなり、5月から10月まで講義やワークショップ、フィールドワークなど12回にわたる活動を体験。具体的には地元の素材を使ったチャレンジショップを企画。先月30日に同市東和町で開催された「土澤アートクラフトフェア」で、成島和紙のしおりを販売したほか、しおり作り体験教室を開催した。

 発表会では、岩槻亜美さん(花巻北2年)と村上光樹君(盛岡中央3年)が、同フェアに参加したことについて「体験した人の笑顔にやりがいを感じた。地元の素材に興味があることが分かった」と語った。

 活動ごとの感想や学んだことについて岩槻さんは「大学生と話すことができて、楽しかった。地域に貢献できる大人になりたい」、村上君は「自分たちの手で地元を盛り上げようとする高校生がいることに感激した。進路について考えを深めるきっかけになった」と同塾の成果を振り返った。

 内田代表(22)=県立大ソフトウェア情報学部4年=は「今回の課題を踏まえ、実行委員会を組織してクオリティーの高い塾を年間を通して開設したい。地域づくりを実践する人を増やしていくとともに、高校生の進路にも生かしていきたい」と話している。