ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

花巻市と立地調印 樹脂成型品製造販売東京エンプラ商事

(11/26)

地元雇用に意欲

東京エンプラ商事が花巻市と企業立地協定を締結。握手を交わす(左から)戸舘室長、鈴木代表取締役、上田市長

東京エンプラ商事が花巻市と企業立地協定を締結。握手を交わす(左から)戸舘室長、鈴木代表取締役、上田市長

花巻市は25日、同市下根子で新工場を稼働させる東京エンプラ商事(本社横浜市、鈴木正男代表取締役)と企業立地に関する協定を締結した。調印式が同日行われ、上田東一市長と鈴木代表取締役が、立ち会いを務めた県ものづくり自動車産業振興室の戸舘弘幸室長を入れてがっちり握手を交わし、事業の発展に期待を込めた。

 調印式は、花巻市大通りのホテルグランシェール花巻で行われた。戸舘室長が見守る中、上田市長と鈴木代表取締役が協定書にサイン。上田市長は「市にとって、今回の立地はとても重要。市としても成功に向け全力を尽くす」と述べた。

 樹脂成型品製造や樹脂原料卸などを手掛ける同社は、事業拡大に伴い空圧機器部品の組み立て製造を行う新工場を9月に整備した。稼働は2017年1月の見通し。5人程度の新規雇用を計画しており、将来はおおむね10人での操業を想定しているという。

 鈴木代表取締役は「花巻は交通アクセスが非常にいい。5年後までにはさらに拡大して最終製品まで生産できるようにしたい」と事業拡大に意欲を示した。雇用については「基本的な考え方は地元雇用。できる限り100%に近い比率で地元から雇用したい」としている。

 同社は1972年の設立で、資本金は4650万円。これまで市内では営業所を設けて事業を展開していた。