ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

県1位、他の励みに そろあんスクール

(11/26)

全日本通信珠算競技大会 団体で花巻中3人

珠算競技大会で県1位となった花巻中の(右から)阿部君、髙野橋さん、奥家さん

珠算競技大会で県1位となった花巻中の(右から)阿部君、髙野橋さん、奥家さん

 花巻市若葉町の珠算教室「花巻そろあんスクール」に通う花巻中学校の3人が、10月に行われた全日本通信珠算競技大会(全国珠算教育連盟主催)の中学校の部団体競技で県1位に輝いた。同スクールの団体制覇は4年ぶり。小学校低学年から腕を磨いてきた3年生メンバーにとって〝集大成〟となる好成績に教室関係者も沸き立っている。

 花巻中のメンバーは、ともに3年の阿部拳士朗君、髙野橋美里さん、1年の奥家友理さん。種目は掛け算(5~11桁)と割り算(同)、見取算(3~8桁)、見取暗算(1~5桁)の各50題で、制限時間は1種目5分(見取暗算は2分)。1問10点、1種目500点満点の得点を競った。

 同中は奥家さんが個人4位に入る1160点の活躍でチームを牽(けん)引(いん)。阿部君が1030点で個人9位、髙野橋さんは1010点で個人11位と3人とも自己ベストをマーク。合計は3200点となり、2位に150点差をつけて頂点に立った。

 団体では過去3年、2位に甘んじていただけに喜びもひとしおで、奥家さんは「来年も2年連続の団体優勝、個人では3位以内を目指したい」と新たな目標を掲げる。

 最高学年の2人にとっては、ともに小学2年生から続けてきた珠算に一区切りをつける大会となった。フラッシュ暗算でも高段位を目指している阿部君は「1位を取れてうれしい。将来は得意な計算が役立つものづくりの仕事に就きたい」、髙野橋さんは「計算能力だけでなく集中力も身に付いたと実感している。今後に生かしていきたい」と喜びを語った。

 メンバーの活躍は同教室で学ぶ後輩たちの目標になるといい、平賀明美代表は「3人とも実力を発揮すれば優勝できると信じていた。みんな上の世代の人たちを追い掛けて頑張るので、段位も含めて励みや刺激になっている」とたたえた。