ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

全国高校文芸コン 長畑さん(花巻北3年)短歌最優秀

(12/5)
全国高校文芸コン短歌部門最優秀賞を獲得した花巻北高の長畑さん

全国高校文芸コン短歌部門最優秀賞を獲得した花巻北高の長畑さん

 第31回全国高校文芸コンクール(全国高文連など主催)の入賞者が決まり、本県からは最優秀賞の文部科学大臣賞に小説部門で佐藤薫乃さん(盛岡三3年)、文芸部誌部門で盛岡四、短歌部門の最優秀賞に長畑七海さん(花巻北3年)がそれぞれ選ばれた。

 今回は小説、文芸評論、随筆など7部門に全国2593人から6732点の応募があった。表彰式は10日に東京都で行われる。本県の入賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇小説部門▽最優秀賞=佐藤薫乃(盛岡三3年)「うるわしの里」▽優秀賞=佐々木桂子(水沢3年)及川慈子(一関一2年)▽優良賞=熊谷奈南、水野綾香(以上盛岡三3年)佐々木ほのか(盛岡四2年)▽入選=岩﨑麻里奈(盛岡三3年)鈴木由希(水沢3年)

 ◇随筆部門▽入選=田鎖寛都、太田彩季(以上盛岡三1年)

 ◇詩部門▽優秀賞=髙橋香奈(盛岡四3年)及川真智子(水沢3年)▽優良賞=佐々木ほのか(盛岡四2年)髙橋鈴花(水沢2年)▽入選=及川慈子(一関一2年)土谷映里(盛岡四3年)佐藤薫乃(盛岡三3年)古川智梨(盛岡四3年)相田美咲(同2年)菱川里奈(花巻北3年)

 ◇短歌部門▽最優秀賞=「一輪を」長畑七海(花巻北3年)▽入選=舘下智子(宮古3年)髙橋鈴花(水沢2年)

 ◇俳句部門▽入選=佐藤楓(盛岡二3年)

 ◇文芸部誌部門▽最優秀賞=「志髙文芸五十号」盛岡四▽優秀賞=盛岡三▽優良賞=水沢▽奨励賞=花巻北、盛岡二

光太郎の詩、糸口に表現

 全国高校文芸コンの短歌部門で最優秀賞を獲得した花巻北高文芸部長の長畑七海さん(3年)。受賞の喜びを「最優秀賞なんて縁がないと思っていた。母から褒められ、じわじわうれしさが込み上げた」と振り返った。

 受賞したのは、晩年の一時期を花巻で過ごした詩人で彫刻家の高村光太郎の忌日「連翹忌(れんぎょうき)」を題とした「一輪を墓石に飾る連翹忌あなたの気魄(はく)私に満たせ」。6月に開いた文芸部恒例の歌合(うたあわせ)でものしたという。

 瞬間を切り取る俳句は得意だが、感情を盛り込む短歌は苦手。「上の句は早かったが、下の句はなかなかだった」。糸口を求め、手にした光太郎の詩「道程」の一節「常に父の気魄を僕に満たせよ」が光明となった。

 締め切りに追われる緊張感は、受賞歴の多い同学年のライバルに感じていた焦りとも重なった。「結果を出そうと内心かなり焦っていた。光太郎さんの力を借りたいと思い、それに懸けた」。

 結局、歌合では敗れたものの、部誌掲載を通じ出品した文芸コンでは高評価に。ただ、あまりの出来事でにわかには受け入れ難く、喜びを実感したのは受賞を知った日の帰宅時、迎えに来た母親に褒められた時だった。

 長畑さんは、これまでの活動で、自由な想像の余地がある表現方法の魅力を認識した様子。「活字は美術以上の可能性を秘めている。将来はまだ見えないけれど、これからも短歌や俳句に挑戦したい」と話していた。