ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

ホテル志戸平「世界一」 初出場で栄冠 すこっぷ三味線

(12/6)
津軽すこっぷ三味線世界大会団体の部で優勝した「湯の杜ホテル志戸平」のメンバーら

津軽すこっぷ三味線世界大会団体の部で優勝した「湯の杜ホテル志戸平」のメンバーら

 【花巻】青森県五所川原市のELMの街ショッピングセンターで4日に開かれた第10回津軽すこっぷ三味線世界大会・団体の部で、花巻市の「湯の杜ホテル志戸平」が優勝を飾った。初出場で栄冠を手にしたメンバーは5日、同市湯口の同ホテルに凱旋(がいせん)し、同僚らの祝福を受けた。

 チームは10月に北上市で開かれた県大会で優勝して世界大会に出場を決め、メンバー11人は11月上旬から毎晩練習を重ねた。15チームが出場した本番の舞台では、「千本桜」の曲に合わせて息の合った演技を披露し、はんてんを脱ぎ捨てるパフォーマンスなどで会場を盛り上げた。

 同ホテルでは宿泊客へのサービスとして毎日、ショーイベントを開催しており、従業員によるスコップ三味線は今年4月から演目の一つに加えた。

 主将の渡辺歩さん(21)は「県大会優勝で気が緩んだが、世界大会に向けてメンバーの気持ちを一つにすることができた。きょうになって優勝の実感が湧いてきた。観客に楽しさを伝えることができるのがスコップ三味線の魅力」と喜びをかみしめていた。

 団長を務めた久保田剛平取締役営業本部長(34)は「スコップ三味線の楽しさを多くの人たちに知ってほしい。ホテルの伝統にしていきたい」と話し、今後も宿泊客らにパフォーマンスを披露していく考えだ。

 同ホテルでは世界大会優勝により贈られた津軽塗のスコップをホテル内で紹介する。