ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

戦争のない世界、次代へ 妙円寺住職の林さん

(12/7)
「人の世に平和を」を出版した林さん

「人の世に平和を」を出版した林さん

「人の世に平和を」出版

 【花巻】花巻市愛宕町の妙円寺住職で平和憲法9条を守る花巻市民の会代表の林正文さん(80)が、4冊目となる著書「人の世に平和を」を出版した。戦争のない平和な世界を次世代につなげたいとの思いを込めた反戦の書。これまでの文筆活動の集大成として平和の尊さ、命の大切さを訴えている。

 林さんは、北海道石狩郡当別町生まれ。早稲田大第一文学部卒、大谷大大学院卒。高校教諭、大谷幼稚園園長を経て現職。ユニセフ協会花巻友の会会長、NPO法人花巻寺町文化村理事長などを務める。

 同著は、人間教育への思いを記した巻頭言に続き、▽平和を願う子供を育てるには▽妙円寺テレホン法話▽平和への願い―の3章で構成。

 子育ての章では、母親たちに対して幼児教育の大切さをメッセージとして伝え、法話の章では、人の本性を仏法から説いている。平和の章では、1989年12月に花巻市文化会館で開催した「アウシュビィッツ展」の観覧者から寄せられたメッセージを集めて紹介している。

 巻頭には、同寺境内で平和を語り継ぐ「アンネのバラ」や、被爆地広島の焦土を生き抜いた「アオギリ二世」などの写真を掲載。また、戦病死した父親の50回忌に合わせて自身がレコーディングした同タイトルの音楽CDも添付している。

 林さんは「日本がハワイ真珠湾を攻撃、釈迦が悟りを開いた成道会(じょうどえ)に当たる12月8日を『平和を考える日』と位置付けている。戦争のない平和な世界を引き継いでほしいとの思いを込め、この日に合わせて出版した」と話している。今年も同日には、第2回花巻国際平和音楽祭を開催し、宮沢賢治の故郷から音楽を通して平和を訴える。

 同著は211ページ。1000部を県内の書店で定価1500円(税込)で販売している。