ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

老舗の味、土産にお墨付き 佐々長醸造「つゆ」が全国入賞

(12/19)
全国推奨観光土産品審査会で日本観光振興協会長賞に輝いた佐々長醸造の「老舗の味 つゆ」

全国推奨観光土産品審査会で日本観光振興協会長賞に輝いた佐々長醸造の「老舗の味 つゆ」

 創業100余年を誇る花巻市東和町土沢の佐々長醸造(佐々木博代表取締役社長)の製造した「老舗の味 つゆ」が、全国の土産品を対象とした年1回のコンテストで、日本観光振興協会長賞に選ばれた。同社では「職人を含め社員一同で喜びを分かち合いたい」としている。表彰式は2017年2月に都内で行われる。

 このコンテストは、日本商工会議所と全国観光土産品連盟が主催する第57回全国推奨観光土産品審査会。全国の優れた土産品を国内外に発信するとともに、今後の育成や発掘、振興を図ることなどを目的に行われている。今年度は全国から1121点がエントリーし、11月の最終審査の結果、本県では同社のつゆを含む3点が入賞した。

 受賞について、同社営業推進部の佐々木洋平課長は「先代の工場長が試行錯誤を重ねて開発してくれた商品で、発売開始から約30年のロングセラー。今も現在の工場長が自らの舌で最終判断し、出荷している。昔からの技術が評価されてうれしい」と話す。

 入賞したつゆは、本醸造しょうゆに厚削りしたかつお節のだしをたっぷり加えた深みのある味わいが特徴で、化学調味料を使用しない無添加へのこだわりもポイントという。企画性や安全性の優秀さに加え、海外への土産品としてもふさわしいとの評価から、同賞のグローバル部門に輝いた。

 15年9月には復興庁主催の「世界にも通用する究極のお土産」の一つにも選定されたつゆ。佐々木課長は「日本の代表となる優れた商品として評価していただいた。こうした評価を機に、いま一度、日本の誇る調味料を多くの人に認識してもらえるよう頑張りたい」と力を込める。

 「老舗の味 つゆ」は、同社のほか各小売店などで販売している。500ミリリットル入りの価格は税抜き910円。問い合わせは同社=0198(42)2311=へ。