ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

花巻東高60周年 抱負は「世界一」

(12/23)
トークショーで今後の抱負について「世界一」と語る大谷選手

トークショーで今後の抱負について「世界一」と語る大谷選手

大谷選手トークショー
在学時の思い出披露も

 【花巻】22日に花巻市総合体育館アネックスで開かれた花巻東高校創立60周年記念式典に続き、卒業生として記念特別表彰を受けた日本ハムの大谷翔平選手(22)がトークショーを行った。高校生活の思い出を回想し、今後の抱負として「WBCの世界一と、自分が世界一の選手になること」と力強く語った。

 お笑いコンビのトータルテンボスを聞き役に、終始リラックスした表情で高校時代の授業や部活動、思い出に残る教職員とのエピソードなどを披露。「自慢できること」というトークテーマでは、体の柔軟性や野球に取り組む姿勢などが話題に上った。

上田東一市長(右)からスポーツ栄光賞特別賞の表彰を受ける大谷選手

上田東一市長(右)からスポーツ栄光賞特別賞の表彰を受ける大谷選手

 今シーズンは史上初めて投手と指名打者でベストナインを受賞し、チームにとって10年ぶりの日本一に貢献。「投打二刀流」のスタンスについては「野球そのものが好きなので、どっちも。内野ではショートに憧れている」と明かした。

 今後の抱負についてはフリップに「世界一」と書き、来春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて「世界一になる夢へ頑張っていきたい」と決意表明。後輩に対しては「好きなことに全力で取り組んでほしい」とエールを送った。

 報道陣の取材に応じた大谷選手は、母校の記念事業のトークショーについて「帰ってくるのは久しぶり。高校生活を思い出すことができたのが良かった。皆さんに楽しんでいただきたいと思ったし、自分自身も楽しんでできた」と振り返り、「当時も今も、伸び伸びと野球をやっていることは変わらない」と語った。

 来年に向けては「今シーズンは最後まで勝てたというのはうれしかったけど、個人的にはもっとやらなければならないことがあるので来年以降、頑張りたい。目標はまずWBCがあるのでそこを全力で勝ち抜くことと、シーズンは日本一の連覇を目指したい。目標に向かって、ぶれずにやっていきたい」と誓いを新たにした。トークショーに先立ち、花巻市のスポーツ栄光賞特別賞の表彰が行われ、上田東一市長が大谷選手に記念品などを贈った。