ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

出来楽しみにじっくり1年 太田地区

(1/14)

花巻市太田地区で始まった自家製みその「寒仕込み」。大豆3キロでおよそ10キロのみそができるという

自家製みそ「寒仕込み」

 【花巻】花巻市太田地区で、地元産の大豆を使った自家製みその「寒仕込み」が始まっている。例年、各集落ごとに交代で作業を進めており、13日には姥宿集落の住民が作業を行った。みそは今後約1年の熟成期間を経て、各家庭で活用される。

 同地区では地産地消の一環として、2010年の冬から自家製のみそ作りに取り組んでいる。今冬も花巻農協太田支店そばの加工場で、各集落が大豆の量に応じた日程で作業を進める予定だ。

 大豆90キロを加工する姥宿集落では、11日から作業を開始した。7人が参加した13日は、ゆでた大豆に地元の米でつくった麹を混ぜてすりつぶし、塩をもみ込んで各家庭ごとに貯蔵した。

 自家製みそは、麹や塩の加減で各家庭の好みの味に仕上げられるのが大きな特徴。

 同市太田で農業を営む佐々木勝利さん(75)は「大豆も米も地元の物。やっぱり昔ながらの自然な味わいのみそが一番。次の冬に食べられるようになるのが楽しみ」と話していた。