ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

言葉の壁 越える交流 派遣中学生が合同報告会

(2/2)

花巻市内の中学生が16年度青少年海外派遣研修事業で訪れた都市について説明した合同報告会

 【花巻】米国など2カ国4都市を対象とした花巻国際交流協会(佐々木史昭理事長)の2016年度青少年海外派遣研修事業に参加した花巻市内の中学生4人による合同報告会が1日、同市東和町土沢の東和中学校(西郷晃校長、生徒235人)で開かれた。それぞれ派遣先について紹介し、異文化に触れた経験を生かした成長に意欲を示した。

 派遣事業は昨年10~11月に行われ、中学生は24人が参加。代表で藤舘英梨菜さん(東和中2年)が米アーカンソー州ホットスプリングス市、横田紗弥さん(花巻中2年)がオーストリアのニーダーエスタライヒ州ベルンドルフ市、吉水真理奈さん(石鳥谷中2年)が米バーモント州ラットランド市、勝山耕太君(同)が米ウィスコンシン州クリントン村での経験について紹介した。

 このうち勝山君は現地の学校生活について「服装などにあまり決まりがなく、個人の自由を尊重している」と説明。言葉の壁を感じながらも英単語をつなぎ合わせたり身振り手振りを交えたりしてコミュニケーションしたことに触れ「何より伝えようとする気持ちが大切だと気付いた。派遣を通じ、(日米)両国それぞれの考え方や良さを肌で感じた。体験を生かし、クリントンの人々のフレンドリーさを取り入れていきたい」と話した。

 合同報告会には東和中の1、2年生も参加し、同世代の目線で語られる異国の様子に注意深く耳を傾けた。報告後には、派遣において最も苦労したことなどについて質疑が交わされていた。