ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年2月
« 1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 
コラム 記者ワープロ

食士 バトル熱く 11日、わんこそば全日本大会

(2/7)

11日に花巻市で開催される第59回わんこそば全日本大会のPRチラシ

歴代3横綱、日台対抗戦も

 「食士」と呼ばれる大食い自慢が頂点を目指して熾烈(しれつ)な争いを繰り広げる「わんこそば全日本大会」(大会運営委主催)は「わんこそば記念日」の11日、花巻市若葉町の市文化会館で開かれる。今大会には、県内外の180人がエントリー。大会最高記録保持者を含む歴代の横綱3人や台湾の女性フードファイターを招いた日台対抗戦も予定され、さらなる盛り上がりが期待される。

 花巻名物の「わんこそば」を広めようと、1957年に初開催。市によると59回目の今回は、3人一組の小学生の部に10組、同じく団体の部に40組、個人の部に30人が出場を予定している。

 小学生の部は1人3分間、団体の部は1人5分間で、それぞれ完食したそばわんの合計数を競う。個人の部については5分の制限時間で、どれだけ食べられるかに挑戦してもらう。

 今回は、同市と友好関係にある神奈川県平塚市と青森県十和田市の市民のほか、沖縄、釜石両市で開かれた地方場所の優勝者も出場。平塚市からは観光をPRする「湘南ひらつか織り姫」も来場する予定となっている。

 日台対抗戦では、258杯の大会最高記録を持つ第56~58代横綱の井本英明さん(神奈川県)と最高記録254杯で50~52代横綱の青木貴孝さん(大分県)、最高記録225杯で第49代横綱の菅原初代さん(盛岡市)、台湾の女性フードファイター・洪千淑(ホン・チェンスー)さんが登場。「大食い」の名誉を懸けた激しい争いで、大会を盛り上げてくれそうだ。

 当日は午前9時30分に開場。先着100人限定で1人10食のわんこそば体験ができるほか、台湾の郷土料理を提供するコーナーも設置。大会終了後は大抽選会も開く。問い合わせは花巻青年会議所=0198(24)2025=へ。