ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

大食堂、待望の再開 マルカンビルがリニューアル

(2/21)

再開したマルカンビル大食堂でナポリカツやマルカンラーメンなどなじみのメニューを味わう来店者

名物メニュー 8カ月ぶり堪能

 花巻市上町のマルカンビルが20日、閉店から8カ月ぶりに再開した。6階の大食堂には大勢の来場者が詰め掛け、10段巻きソフトクリームやナポリカツなど親しんできた名物メニューの味を確かめながら心待ちにしていた再開を笑顔で喜び合った。

 同日は開店前の朝礼で、マルカン再生に取り組んできた上町家守舎の小友康広代表取締役が「10年、20年と続けていきたいので、皆さまの力を貸してほしい」とスタッフに協力を求めた。菊池英樹レストラン事業部長は「市民が集う憩いの場だった以前のマルカンの姿に戻すのが第一。みんなが笑顔になれるよう演出していきたい」と従業員と共に決意を新たにした。

 午前11時30分に入口のシャッターが開けられ、列をつくって開店を待ちわびた大勢の人たちを前に小友代表取締役は「シャッターが開くところを初めて中から見て、大食堂が花巻の人たちの大切な場所として復活することがやっと実感できた。これからもこの場所を大切に育て、守っていくことを皆さんと一緒に実現していきたい。協力をお願いします」とあいさつした。

 大食堂では従業員が「いらっしゃいませ」と声をそろえて来店者を出迎えた。来店者は順次、好みのメニューをオーダーし、なじんできた味をじっくりと楽しんでいた。

 会社員伊藤岳志さん(56)=盛岡市=は、ナポリカツとソフトクリームを注文。「うちではマルカンセットと呼んでいる。家族で来ていた。以前と同じ味でおいしい」と味わっていた。

 会社員近藤雄哉さん(22)=紫波町=は「花巻東高校出身で、高校時代から訪れていた。昔ながらの大食堂の雰囲気が大好き。この辛さがいい」とマルカンラーメンをすすり、ナポリカツに笑顔を見せていた。

 1階と6階の再オープンで、大食堂では100種類ほどのメニュー提供から始め、順次、以前の約150種類のメニューに増やしていく。

 1階には新たにコーヒースタンドやキッズスペースをはじめクラフトや地元名産を扱うコーナーのほか、店舗や作家らによる参加型のブースが設けられた。

 営業時間は大食堂が午前11時から午後6時30分(ラストオーダー6時)。1階が午前9時から午後6時30分。水曜日定休。