ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

心に残る舞台目指し 25、26日に市民劇場

(2/22)

本番に向けて通し稽古に励む花巻市民劇場の参加者

キャストら稽古に熱
 第41回花巻市民劇場「イーハトーブ・ジャンクション」は25、26の両日、花巻市若葉町の市文化会館で行われる。心に残る舞台をつくり上げようと、スタッフ、キャストによる熱を帯びた稽古が続いている。

 「イーハトーブ・ジャンクション」は花巻を舞台とした創作現代劇で、宮沢賢治の足跡を求める男女が「SL銀河」に乗り込むところからストーリーが始まる。アクシデントで離れ離れになり合流を目指す2人が、賢治の人物像や作品について独自の見解を述べる多様な登場人物と出会う中で自分自身を見詰め直す。

 本番を目前に準備は大詰めを迎えており、会場の大ホールでは大掛かりな舞台制作が急ピッチで進むほか、出演者は実際の衣装を身に着け、せりふ回しや一つ一つの動きなどを確認している。

 演出の阿部潤さん(33)=同市四日町=は「スタッフ、役者とも一生懸命頑張っている。花巻を歩いているイメージが浮かぶような舞台をつくっているので、昔懐かしい街の雰囲気を感じてほしい」と見どころを語る。

 メインキャストの佐々木紗羅さん(花巻南高1年)は「宮沢賢治の知らなかった面を見ることができる舞台。テンションの上げ下げが多い役だが、自分の気持ちを追い付かせて楽しく演じたい」と意気込んでいる。

 25日は午後6時30分、26日は午後2時から上演。前売り券は大人1000円(当日1300円)、小中高生500円(同700円)。

 問い合わせは市文化会館=0198(24)6511=へ。