ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

鎮魂の鐘まちに響く

(3/12)

参加者が思いを込めて鐘を突いた花巻ユネスコ協会の震災犠牲者追悼行事

 東日本大震災から6年を迎えた11日、発生時刻の午後2時46分に鐘を鳴らす追悼行事が花巻市城内の市役所新館近くにある花巻城時鐘で行われ、市民らが被災地の復興や犠牲者の冥福を祈った。

 花巻ユネスコ協会(三田望会長)が震災犠牲者の鎮魂と復興への願いを込めて鐘を鳴らそうと、民間ユネスコ統一運動の一環で毎年実施。同日は同市四日町の廣隆寺でも時刻に合わせて打鐘が行われた。

 大手門の時鐘では、協会員ら14人が追悼行事に参加。開会に当たり、三田会長は「あれから6年だが、仮設住宅のままだったり地域の絆が切れていたり、震災前の状況にはまだまだ遠い。一日も早く日常が取り戻せるよう願いを込めて鐘を突きたい」とあいさつした。

 参加者は鐘楼で発生時刻を待ち、1人ずつ交代しながら打鐘した。陸前高田市の出身という花巻市四日町の菊池瑞穂さん(76)は「古里の街が流され懐かしい風景もなくなってしまい、今も喪失感が大きい。街もみんなも早く元気になってほしい」と話していた。