ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

リトルシニア 全国選抜へ

(3/21)

一戦必勝 上位狙う 花巻
一丸で初戦突破を 金ケ崎

 【花巻・金ケ崎】日本リトルシニア中学硬式野球協会主催の第23回日本リトルシニア全国選抜野球大会(25~31日、大阪・舞洲ベースボールスタジアムほか)に、東北代表として本県から花巻と金ケ崎が出場する。花巻は3年ぶり2度目、金ケ崎は初出場。球春到来を待ちわび、力を蓄えてきた両チームは大舞台での健闘を誓っている。

 花巻は昨秋開催された新人東北大会で準優勝し、出場権を獲得した。守りからリズムをつくり、攻撃につなげるスタイルを発揮できるかが勝利の鍵。全国大会を間近に控えて打撃練習に力を入れている。

 出塁率の高いトップバッターの篠山想司選手を川原田純平主将、高橋怜大選手ら勝負強い中軸がかえすのが得点パターン。守備は高橋主樹投手を中心に堅く、冬場の走り込みで下半身とスタミナの強化を図ったエースは「内角の真っすぐで強気に勝負したい。ピンチの場面でも力を発揮して無失点に抑え、勝利に貢献する」と意気込む。

 国際大会などに出場経験がある主力選手が率先して声を出すのがチームの形といい、「ミスしても声でカバーし、自分たちらしいプレーをしたい。全員野球でまずは初戦突破を目指す」と川原田主将。畑村強人監督は「一冬越えて成長した姿を見せる。いつも通り1球、ワンプレーを大切にゲームに集中し、1試合ずつ勝ち上がりたい」と上を見据える。

 金ケ崎は新人東北大会の準々決勝で敗れたが、その後宮城県で行われた4チームによる第5位選抜資格獲得トーナメントを制覇。東北連盟推薦を受け、2014年4月の設立から初めてとなる全国切符をつかんだ。

 「チームに貢献すること」を目標とした選手一丸の野球を持ち味に、主戦の田崎雄剛選手と酒井直也選手を投手の柱に守備を固める。打線はミートに徹し、バントを織り交ぜたつなぐ姿勢を重視。1番の五嶋優斗主将が好機をつくり、酒井選手、田崎選手、菅源斗選手が主軸を担う。

 冬場は宮城県に遠征して実力を養い、現在は大会本番に向けてグラウンド感覚を取り戻しつつ守備の連係強化を図る。県南・沿岸地区の個性の強いメンバーを束ねる五嶋主将は「初戦突破できるよう、東北の代表として全力で頑張る。緊張すると思うが、自分のプレーをしっかりとしたい」ときっぱり。大谷徹監督は「できて3年目のチーム。全国のレベルを子供たちと一緒に確かめ、今後につなげたい」と語る。

 大会は48チームによるトーナメント戦で、花巻は26日の1回戦で関東代表の川口(埼玉)と対戦。金ケ崎は27日の2回戦から登場し、関西代表の豊中(大阪)とぶつかる。

◆花巻

①高橋 主樹(湯 口2年)
②赤坂 亮輔(矢 沢2年)
③高橋 怜大(上 野2年)
④鎌田 颯太(花 巻2年)
⑤篠山 想司(花 巻2年)
⑥川原田純平(花 巻2年)
⑦吉田 涼真(上 野2年)
⑧菊池  雅(上 野2年)
⑨高橋  凜(宮野目2年)
⑩松岡 英門(紫波一2年)
⑪長坂洸次郎(紫波三2年)
⑫高橋 一輝(南 城2年)
⑬奥玉 雄大(上 野1年)
⑭佐藤 大聖(花 巻1年)
⑮藤川 裕真(上 野1年)
⑯稲村  駿(上 野1年)
⑰平井 太耀(岩大付1年)
⑱高橋 泰生(北上北1年)
⑲川上 隼人(上 野1年)
⑳菊地 彗流(上 野1年)
21齋藤  禅(北上北1年)
22藤原 市也(花 巻1年)
23佐藤日向太(矢 沢1年)
24中辻壮一郎(花 巻1年)
25菊地 亮翔(北上北1年)
26佐々木美貴(北 陵1年)

◆金ケ崎

①酒井 直也(遠野東2年)
②菅  源斗(飯 豊2年)
③田崎 雄剛(湯 口2年)
④渡辺 輔久(江刺一2年)
⑤佐々木大輔(高田東2年)
⑥菊池 悠斗(東水沢2年)
⑦天久 爽汰(江刺一2年)
⑧五嶋 優斗(小 山2年)
⑨佐々木 空(衣 川2年)
⑩大和田稚宙(末 崎2年)
⑪平澤雄大郎(世田米2年)
⑫村井 信平(金ケ崎2年)
⑬朝倉  颯(金ケ崎2年)
⑭藤澤 主樹(金ケ崎1年)
⑮藤澤 祐芽(水沢南1年)
⑯及川 愛斗(江刺南1年)
⑰及川虎雲介(江釣子1年)
⑱吉田 朋生(東水沢1年)
⑲荒井悠士朗(江刺一1年)
⑳吉田 未来(水 沢1年)
21山本 陸駆(水沢南1年)
22阿部健太朗(東水沢1年)
23大久保星音(遠野東1年)
24佐々木寛太(水沢南1年)