ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

異文化へ興味広げて 花巻農高開校記念

(5/26)

開校記念講演会で生徒の質問に答えるビーズリーさん

 【花巻】県立花巻農業高校(軍司悟校長、生徒351人)の開校記念講演会は25日、花巻市葛の同校で開かれた。在札幌米国総領事館広報文化交流担当領事のハービー・ビーズリーさんが「岩手から世界へ」と題して講演し、全校生徒が異文化に興味を広げた。

 アイオワ州出身で、高校時代に日本語を学んでいたビーズリーさんは、初めて来日してホームステイする時には金銭や友人、言葉など多くの不安や心配事を抱えていたと回想。「でも大丈夫。すごく楽しかった。餅つきなどいろいろな初体験ができて面白かった」と振り返り、実際の留学経験により悩みや怖さが払拭(ふっしょく)されたと明かした。

 日本のパスポートは、ビザ無しで渡航できる国の数が世界で3番目に多いことも紹介し、「すごく恵まれている。日本国籍があるならぜひパスポートを作り、外国に行ってみて」と呼び掛けた。

 質問コーナーでは日本の第一印象について問われ、「アメリカはどこに行ってもさまざまな国籍、人種がいる。空港に降りた瞬間、全員が日本人だったことにショックを受けた」と答えた。

 佐藤彩結生徒会長(3年)は「いろいろな国の文化を知ることは、相手の良い所を理解できる。言語を学び、留学してみたいと思った」と感想を語った。

 同校は稗貫郡蚕業講習所として1907年に創立され、今年で110周年。県立花巻農学校として開校した23年5月25日を創立記念日として制定しており、毎年、外部講師を招き講演会を開いている。ビーズリーさんは前任の佐藤文也校長と縁があり、節目の年の講師として迎えられた。