ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

左党集い飲み比べ

(5/28)

乾杯を重ねて提供された日本酒を味わう愛好者

南部杜氏の里まつり
 全国の酒蔵で活躍する南部杜氏自慢の新酒を味わう南部杜氏の里まつり(実行委主催)は27日夜、花巻市石鳥谷町のビバハウスいしどりやで開かれた。市内外から多くの愛好者が訪れ、力作の飲み比べを堪能した。

 日本三大杜氏の一つの南部杜氏を多く輩出する同町と、酒造り文化を内外に情報発信しようというイベントで今回が37回目。上位入賞酒を含む南部杜氏自醸清酒鑑評会の出品酒が提供されるのが祭りの売りで、前回を上回る市内外から約500人が来場した。

 上田東一市長があいさつで「お気に入りの酒を堪能してほしい」と呼び掛け、中村弘樹実行委員長の乾杯でスタート。15のテーブルに吟醸酒と純米吟醸酒、純米酒の3種類計170銘柄が置かれ、愛好者はテーブルを巡り飲みたい銘柄、気になる銘柄を味わった。

 職場の日本酒好きの仲間3人と初めて来場した盛岡市北松園、藤原あさみさん(28)は「県内を含め、普段は飲めない県外のものも味わえるので楽しい」と語り、仲間と乾杯を重ねていた。

 ステージでは南部杜氏協会八幡支部の会員が酒屋唄を披露。日本酒が当たる抽選会も行われた。

 同協会の直町昊悦会長は「若い女性の姿が年々増えている。日本酒もさまざまな種類が造られており、若いファンも増やして日本酒文化、業界を盛り上げていきたい」と話していた。