ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

市内移住、就農促す 花巻市住宅取得補助

(6/3)

対象者、県内に拡充

 花巻市は、定住促進を目的とした住宅取得補助制度の対象を拡大した。これまでは県外から市内への移住に限っていたが、市内での就農を希望する場合には県内からの移住も対象に含めた。住宅の確保や引っ越しの費用、火災、地震保険料など対象とする経費の一部を助成することで負担軽減を図り、同市への移住、就農につなげていく。

 拡充したのは、移住者が市内で住宅を取得した場合や、市の空き家バンクを活用して空き家を取得した場合などに交付する市定住促進住宅取得等補助金。要件を満たせば200万円を限度に補助対象経費の2分の1が補助される仕組みだ。

 これまでは県外からの移住が対象だったが、5月18日からは担い手の育成も視野に、就農目的であれば県内からの移住にも制度を適用している。市への住民登録後2年以内に住宅、または空き家を取得して5年以上定住し、農業に従事することなどが要件になる。

 また、市外からの移住者が市内での就農を目指して研修(2年以内)を受ける場合は、家賃の2分の1以内で月額2万円を上限に助成する市農業研修支援事業補助金も設けた。住宅取得の補助金についても、研修の修了後1年以内の住宅取得など所定の要件を満たすことで活用できるという。

 上田東一市長は市の補助について「大迫でブドウを作りたいなど、農業をやりたい人は県内にもいる。ぜひ歓迎したい。県全体の農業振興にもつながる。来たいという人に、補助があるから行けるという最後の一押しになれば」としている。