ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

優良PTA 大臣表彰に輝く 真滝幼稚園、東北で唯一

(9/14)
優良PTA文部科学大臣表彰を受けた真滝幼稚園PTAの小野寺会長(左)と佐藤事務局

優良PTA文部科学大臣表彰を受けた真滝幼稚園PTAの小野寺会長(左)と佐藤事務局

行事参加や読書推進

 一関市滝沢の真滝幼稚園PTA(小野寺紀欽会長、会員35人)は、2016年度優良PTA文部科学大臣表彰を受けた。会員全員が園行事に携わる積極的な姿勢や、親子読書の推進活動などが評価され、小野寺会長(33)は「活動を継続し、少しでも良くしていきたい」と意欲を新たにしている。

 表彰は、PTAの健全な育成と発展を目的に毎年実施。今年度は全国の国公立幼稚園・認定こども園と高校のPTAから46団体が選ばれた。このうち幼稚園・認定こども園は13団体が受賞し、東北地方からは同PTAのみとなった。

 同PTAは、1980年の開園と同時に発足。「松ぼっくり活動」と銘打ち、保護者全員が実務に当たっている。夕涼み会や運動会、発表会といった園行事、卒園式で園児誘導、出店、式典運営などに協力。主催する親子餅つき会では子供用の臼ときねを用意し、昔ながらの餅つきを園児に伝えている。

 同園は園庭に加えてじゃぶじゃぶ広場、元気広場があり、広大な敷地の草取りもPTAが担う。一斉奉仕作業のほか、夏休み中は各自空き時間に自主的に取り組む。

 2012年度からは、親子読書を推進。園児が毎週金曜日、同園から好きな絵本を1冊借り、週末の読み聞かせで親子が触れ合うもの。長期休暇には冊数を増やしたり、参観日に親子の読み聞かせ時間を設けたりし、週末の読み聞かせが困難な保護者にも配慮して継続している。

 佐藤卓哉事務局(31)は「運営に携わると子供を見れないが、親の姿を子供は見ている。行事を成功させた達成感も味わえる」とやりがいを語り、小野寺会長は「受賞は以前のPTAの方たちが土台を築いてくれたおかげ。園児数が減り、会員も減って個々の負担は増えたが、和気あいあいとやっている。みんなで協力して活動を維持したい」と話している。