ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

被災地復興へ祈り 平泉 町民ら中尊寺参拝

(9/25)

 平泉町の中尊寺(山田俊和貫首)で24日夕、「町民参拝『一字金輪佛頂尊(いちじきんりんぶっちょうそん)と金色堂』~慰霊と復興の祈り~」が行われた。町内外から約300人が参拝し、東日本大震災など自然災害の犠牲者を供養するとともに、被災地の復興を祈って手を合わせた。

 同寺では東日本大震災、平泉の文化遺産の世界遺産登録から5年を迎え、4年ぶりに秘仏「一字金輪佛頂尊」を一般に公開している。今回は、金色堂の阿弥陀如来をはじめとする諸仏とともに、多くの町民に参拝してもらおうと秋の彼岸に合わせて企画した。

 金色堂前には呼び掛けに賛同した町民や近隣市民、観光客などが詰め掛けた。山田貫首は参拝に先立ち「一字金輪佛頂尊は天変地異があった時に多くの人々の心を慰め、憂いを取り除き、安心を与えてくれる仏様。自然災害で亡くなった方の菩提(ぼだい)を弔い、復興を祈念し、世界に平和が訪れ、われわれの暮らしに幸福が満ちるように祈願したい」と呼び掛けた。

 金色堂では阿弥陀経を唱えて災害物故者を慰霊し、秘仏の前では法華経を唱えて被災地の復興を祈願。

 町民らは夢灯(あか)りで照らされた金色堂参道や金色院前庭を通ってそれぞれ参拝し、一関市赤荻の佐藤威代さん(73)は「台風の豪雨災害など多くの自然災害が全国で起きている。被災地へ直接行って助けることは難しいが、被災地のために自分ができることをやっていきたい」と静かに手を合わせていた。

 秘仏の開帳は11月6日まで。