ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

軍議再現、唐梅館絵巻 総大将に竜星さん 刀かざし気勢

(9/26)
千葉一族の軍議を再現し、刀をかざして気勢を上げた唐梅館絵巻

千葉一族の軍議を再現し、刀をかざして気勢を上げた唐梅館絵巻

 一関東山町の第16回唐梅館絵巻(実行委主催)は25日、同町長坂の唐梅館総合公園などで開かれた。総大将役を務めた俳優竜星涼さん(23)をはじめ、武者姿やつぼ装束の地域住民総勢333人が出演。葛西氏重臣である千葉一族の本拠地・唐梅館(長坂城)に集結する家臣、援軍ら諸将の行列と軍議のさまを勇壮に再現し、青空の下高らかにときの声を上げた。

 同絵巻は天正18(1590)年、諸将が唐梅館で豊臣秀吉からの小田原参陣要請に従うか否かの軍議が行われた様子を再現するイベント。旧東山町時代の2001年から毎年開催している。

 のろしと太鼓を合図に、軍議に参上する諸将の行列が長坂商店街を出発。よろいを身に着けた若々しい侍やりりしい武者が「ヨーイ、ヨーイ」と掛け声を上げながら同公園を目指した。東山小学校6年の菅原伸太君は「暑いけれど、堂々と歩きたい」、東山中学校3年の佐藤綺良々さんは「格好よく行列に加わりたい」と話し、胸を張って道を練り歩いた。

 例年の総大将役より格段に若い竜星さんには、沿道から「やっぱり格好いい」「映画見たよ」などと若い女性の声援が飛んでいた。地域住民が扮(ふん)する諸将は、竜星さんが演じたヒーロー番組にちなんであいさつし、竜星さんが「大儀である」と答えながら苦笑する場面も見られた。

 軍議再現の場では、竜星さんが「この地を踏みにじられてなるものか。秀吉に立ち向かい、千葉一族の意地を見せようぞ」と力強く宣言。一同が刀をかざし、大声で気勢を上げた。

 出陣祝賀の舞の場には、五葉山火縄銃鉄砲隊伝承会(住田町)が出演。3段撃ち、つるべ撃ちなどで演技を披露し、ごう音が来場者を沸かせた。

 軍議終了後、両親が山形県出身だという竜星さんは「東山に着いて、とても落ち着くにおいがした。すごく楽しかった」と話していた。