ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

東日本合唱祭出演NHK東京児童合唱団 大東中生と交流

(10/8)
合同合唱などで触れ合った大東中の生徒とNHK東京児童合唱団。8日の東日本合唱祭で共演し「郷愁歌」を披露する

合同合唱などで触れ合った大東中の生徒とNHK東京児童合唱団。8日の東日本合唱祭で共演し「郷愁歌」を披露する

心一つに「ルルル」

 8日に開催される第27回東日本合唱祭を前に、同合唱祭の出演団体と地元中学生の交流会が7日、一関市の大東中学校で開かれた。全校生徒146人が「NHK東京児童合唱団」と歌い、音楽の楽しさを共有した。

 地元の中学生が全国トップレベルの合唱に触れる機会をつくろうと2004年から毎年開催。同日は、同合唱団の小学6年から高校2年までの団員32人と、常任指揮者の金田典子さんが同校を訪れた。

 生徒による歓迎合唱の後、団員がNHK全国学校音楽コンクールの歴代課題曲となった「ふじの山」「結」「ふるさと」の3曲を高らかに歌った。

 生徒と団員は呼吸法やファルセット(裏声)、発声などの基礎を練習し、「郷愁歌」を混声4部で合同合唱。金田さんが「ルルルと歌う部分には歌詞にできない心があふれている。直前の歌詞を引き継ぎ、思いを込めて歌って」などと心構えを説き、曲の盛り上げ方、語り掛けるように歌う方法を指導した。生徒と団員は心を一つにし、美しいハーモニーをつくり上げた。

 同合唱祭に児童を含む合唱団が招待されるのは初めて。当日は「郷愁歌」で団員44人と大東中全校生徒が共演し、若さあふれる歌声を披露する。

 丸山海君(大東中2年)は「美声に感動した。歌う時の口の開き方や豊かな表情を少しでも団員の皆さんに近づけたい」と意欲。畠山海音君(同3年)は「一緒に歌って自信が付いた。合唱祭が終わった後も学びを生かし、全校で良い合唱をつくりたい」と話していた。

 同合唱祭は、同市大手町の一関文化センターで午後1時開演。同合唱団を含む東京都の4団体と、県立不来方高音楽部、一関女声合唱団が出演する。入場料は一般1000円、高校生500円、小中学生200円。問い合わせは、同センター内の実行委員会=0191(21)2121=へ。