ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

久慈琥珀を展示販売 世嬉の一酒造 台風被害、復興応援で

(10/20)
久慈琥珀のペンダントや原石を展示販売している「頑張ろう久慈応援フェア」

久慈琥珀のペンダントや原石を展示販売している「頑張ろう久慈応援フェア」

 台風10号で被災した久慈市の久慈琥珀(こはく)(新田久男代表取締役社長)の展示販売会「がんばろう久慈応援フェア」は19日、一関市田村町の世嬉の一酒造「Cafe徳蔵」で始まった。原石や意匠を凝らしたアクセサリーなど約1000点で琥珀の美しさを伝えている。24日まで。

 久慈琥珀は、久慈市が国内最大の琥珀の産地であり、県の特産品として広くPRすることを目的に、2年に1度のペースで県内を巡回し展示販売会を実施。東日本大震災の影響で一時途絶えたが、甚大な被害をもたらした台風10号からの復興を応援しようと再開した。フェアの売り上げの一部は同市に寄付するという。

 会場にはペンダントを中心に、久慈産の琥珀が文字盤に使われた腕時計やループタイ、ストラップ、彫刻品などがずらり。落ち着いた色合いながらつややかに輝き、来場者を魅了している。天皇、皇后両陛下に献上された万年筆や、国外の琥珀をボールペンのグリップ、腕時計のベルトにあしらったものもある。

 同社の原料用の採掘場は台風10号の豪雨で崩れた土砂が流れ込み、年内は閉鎖となる見通し。新田社長は「採掘場よりも市民の暮らしの復興が最優先。台風10号は、大震災の倍以上の被害を久慈市にもたらした。多くの方に応援していただきたい」と話している。

 時間は午前10時~午後5時。問い合わせは世嬉の一酒造=0191(21)1144=へ。