ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

息災、開運に願い 御嶽神明社 気合の声発し火渡

(10/24)
炭火の上を歩く神事で家内安全や健康などを祈る参列者

炭火の上を歩く神事で家内安全や健康などを祈る参列者

 一関市花泉町老松の御嶽山御嶽神明社(佐藤一伯宮司)で23日、秋季大祭に合わせた恒例の大護摩祈祷火渡祭(きとうひわたりさい)が行われ、参列者は炭火の上をはだしで歩いて心身を清め、無病息災などを祈った。

 36回目となる今年は、約150人が参列。地元住民や老松小学校児童による老松大黒舞奉納に続き、佐藤宮司が祝詞を奏上。参列した住民の代表らが神前に玉串をささげた。

 参列者は、勢いよく炎が上がる護摩壇を目掛け、願い事を書いた護摩木を投げ入れたほか、ほぼ燃え終えた直径3メートルほどの炭火の上を「エイッ、エイッ」と掛け声を発して歩き、開運なども願った。

 20年ほど続けて参拝しているという釜石市橋野町の自営業藤原政子さん(62)は「知人に勧められてからずっと参拝していて感謝の気持ちでいっぱい。きょうは家内安全を祈った。神様の息吹をもらい、家族が健康に過ごせれば」と話していた。