ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

繁殖抑止 地道に セイタカアワダチソウ 平泉で駆除作業

(10/24)
セイタカアワダチソウを抜き取る一関水と緑を守る会の会員ら

セイタカアワダチソウを抜き取る一関水と緑を守る会の会員ら

 平泉町平泉地内の国道4号平泉バイパス沿いで23日、路肩の緑地帯に繁茂する北米原産の外来種セイタカアワダチソウの駆除作業が行われた。日本固有の生態系や世界遺産平泉の景観を守ろうと約20人が汗を流した。

 駆除作業に取り組んだのは外来植物について学習会の開催や駆除に取り組む一関市の「一関水と緑を守る会」(原田徹郎会長)。駆除の必要性について地域住民に関心を持ってもらおうと、2015年度から取り組み始めた。

 セイタカアワダチソウは在来植物との競合や駆逐の恐れが大きいことから環境省の要注意外来生物リストに記載されているキク科の多年草。種子による繁殖を抑止するため、開花期に駆除作業を実施した。

 同日は一関市を中心に会員をはじめ、一般市民らが参加。大人の背丈ほどに伸びたセイタカアワダチソウは草刈り機を使ってなぎ倒し、胸から膝丈ほどのものは手作業で根こそぎ引き抜いた。

 同会によると、昨年度駆除した区域は繁茂が抑止され一定の効果があったが、駆除しなかった区域はさらに繁殖している。原田会長は「この場所は(芭蕉が俳句に詠んだ)平泉でも象徴的な場所。全てを駆除することは物理的には無理だが、一人ひとりの市民や町民が関心を持ち、身近な所に生えているのを抜き取ってほしい」と話している。