ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

平泉に「夕食堂」 「気軽に立ち寄って」

(11/1)
1日に始まる「平泉夕食堂」をPRするポスター兼パンフレット

1日に始まる「平泉夕食堂」をPRするポスター兼パンフレット

町内17の飲食店・旅館、きょうから

 平泉町内の17の飲食店や旅館などが世界遺産平泉を散策した観光客らに夕食を提供する「平泉夕食堂」が1日に始まる。「平泉の食」「平泉の夕活」を応援し、夕方の時間の魅力をPRする試み。主催者は気軽な利用を呼び掛けている。2017年2月末まで。

 平泉の食の魅力発信を目指し、県南広域振興局の呼び掛けで集まった町内女性有志で構成する「平泉ほっとする食のプロジェクト」が、8月下旬から9月上旬に開催した「平泉朝食堂」の第2弾として企画。夕食を取れる店の照会が多いことをヒントに、世界遺産平泉の夕方の時間を有意義に過ごしてもらおうと考えた。

 夕食などを提供するのは、▽Cafe&SEKIMIYA▽総本店泉橋庵▽焼肉八つ花▽きゅうけい処民家▽夢乃風▽大夫黒▽平泉ホテル武蔵坊▽大沢温泉旅館▽毛越寺門前直売あやめ▽お食事処さくら▽奥州平泉温泉そば庵しづか亭▽韓国料理ソウル食堂▽cafe&bar琥珀▽縁▽旭屋▽SATO▽菓子工房吉野屋―の17店舗。

 岩手の食材を使った定食やコース料理、郷土料理の八斗や餅、季節限定のスイーツ、塩辛やピザのテイクアウトなど、期間中は各店舗で目玉メニューを用意している。

 営業時間や定休日、所在地、事前予約の有無、目玉メニューなど詳細はパンフレットとホームページで紹介。パンフレットなどには店主の笑顔の写真を掲載して一人旅の女性でも安心して利用できるよう配慮したほか、夕活のヒントとして中尊寺大節分会や毛越寺二十日夜祭など季節の行事、写経や茶事、座禅、サイクリング、八斗料理作り、着物着付けなどの体験、コンサートなどイベント情報も掲載している。

 同振興局経営企画部食産業グループの吉野智恵主事は「平泉夕食堂のために、宿泊客限定の夕食を一般に提供する旅館や、用意されたスペシャルメニューもある。ぜひ多くの人に立ち寄ってほしい」と利用を呼び掛けている。

 パンフレットは町内各世帯に配布したほか、平泉観光協会、平泉商工会、同振興局に備え付けている。ホームページアドレスは次の通り。

http://hiraizumi-dinner.jimdo.com/