ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

本堂で笑顔振りまく 秋の藤原まつり開幕

(11/2)
中尊寺本堂で記念撮影に臨む狩衣に直垂を身に着けた子供たち

中尊寺本堂で記念撮影に臨む狩衣に直垂を身に着けた子供たち

 奥州藤原氏の栄華をしのぶ秋の藤原まつり(平泉観光協会主催)が1日、平泉町内で開幕した。初日は、中尊寺と毛越寺で藤原四代を供養する法要が営まれた。雨の肌寒い一日となったが、境内は色づきを増す紅葉を楽しむ参拝者でにぎわった。

 中尊寺では午前10時から藤原四代公追善法要が執り行われた。法要の後に法楽として花を添える恒例の稚児行列は雨のため中止となったが、赤と青の狩衣(かりぎぬ)、直垂(ひただれ)姿に烏帽子(えぼし)、宝冠をかぶった子供たちが本堂周辺で愛らしい笑顔を振りまき、参拝者の目を楽しませた。

 町内を中心とした3~5歳の稚児8人は本堂本尊前で記念撮影。次男一登ちゃん(5)と参拝した同町平泉字片岡の菊地梓さん(32)は「とても話すのが好きな子。健康に元気に育ってほしい」と話していた。

 まつりは3日までで、中尊寺と毛越寺、JR平泉駅前で郷土芸能を上演。最終日は、毛越寺で午前11時から延年の舞、中尊寺白山神社能楽堂で午前11時から町立幼稚園・平泉保育所5歳児による謡、正午から喜桜会による仕舞と素謡、午後1時から一山僧侶による奉演能がある。

 中尊寺では菊まつり(15日まで)も開催されており、2日には菊供養会の法要が営まれる。