ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

陸上競技発展へ寄与 日本連盟 金谷市協会長に秩父宮章

(11/4)
陸上の功績が認められ、秩父宮章を受けた金谷さん

陸上の功績が認められ、秩父宮章を受けた金谷さん

 一関市陸上競技協会長、岩手陸上競技協会副会長を務める金谷敏彦さん(79)=同市真柴=は、日本陸上競技連盟に功績があったとして、2015年度の秩父宮章を受けた。県内で唯一の受賞となり、「一関で育てていただき、市の協会のスタッフにも助けられてきた」と感謝する。

 福島県出身の金谷さんは1961年に国士舘大体育学部体育科を卒業し、65年から一関修紅高校に勤務。陸上などを指導し、98年に退職した。

 この間、岩手陸上競技協会や市陸上競技協会の理事などを務め、市協会では2008年から会長、岩手協会では09年から副会長に就任。1998年に市体育協会、2004年に県体育協会の功労賞、08年に岩手陸上競技協会長賞を受けた。

 秩父宮章は、多年にわたって日本連盟に献身的な協力をした人をたたえるもので、国民体育大会に合わせて表彰される。受賞は県内で22人目、一関市では初めて。10月8日に北上市の北上総合運動公園陸上競技場で授与式が行われ、「岩手で頂くことができて、なおさらうれしい気持ちだった」と喜びをかみしめている。

 金谷さんは同27日、一関市役所に勝部修市長を訪ね、受賞を報告。勝部市長は「これまでの努力の積み重ねが認められ、おめでとうございます。これを機会に一関の陸上がさらに盛り上がってほしい」とたたえた。